大宮より【ボイストレーニングの効果】川本ver.

埼玉のみなさんこんにちは、講師の川本です。

ここ最近、KISSではYouTubeチャンネルにて『講師のビフォー・アフター企画』をやっております。

本当にKISSのボイストレーニング方法で上達するのか、講師自身が検証してみています。

そんなこんなで私のビフォー・アフターも先日掲載されました!

初めてKISSに生徒としてお世話になったのは、確か6年前くらいでしょうか…?

まぁ、丸々ずーっとKISSにいたわけでなく、途中2年くらい離れてはいますが、それでもしっかり効果は現れているのかな?と思います。

今回話したいことは全部動画の中でお伝えしてますので、良ければご覧ください。

動画はこちら!

今年の夏にライブ活動に復帰し始めて、改めて本番実践力と言いますか、、
力不足を感じることもたくさんあるのですが、それも一つずつ乗り越えて、皆さんのレッスンに反映したいと思っています。

音程がとれたり、共鳴が止められたり、リズムがとれたり…。
それは講師の私にとって、きっと「できて当たり前のこと」となります。
だけど、今度はその先の「どうやって魅せるのか」という表現のテーマにぶち当たってます。

全力で表現すると基本的なことがまだブレるし、かといって表現しきれないのもつまらないし。

人からお金をいただいて、感動を贈るというのは本当に難しいことですね。

私が今後、どのようにその課題を越えるのか。
また次回のビフォー・アフターを楽しみにしていただければ幸いです。

P.S. 最後に。
『KISSのボイトレは本当に効果があるし、身体にもいいんだ!って皆に知って欲しい』と本当にバカ純粋に今回の企画を練ってくれました。
しょーちゃん(井上講師)、ありがとう、お疲れ様。(`・ω・´)

上尾 ボーカルレッスン
川本

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン