どんな歌が歌いたいですか?

こんにちは、山下です。

台風凄かったですね。
今も私の地元の方では避難勧告が出ていて、今にも川から水があふれ出しそうだという事で、まだまだ安心はできないですね・・・

被災された地域の方は、1日も早く日常の生活に戻れますように。


みなさんはどんな歌が歌いたいですか?
また、どんな風に歌いたいですか?


先日、無料体験に来た10歳の女の子が以前通っていたところでは、クラシックの歌い方を教えれらたそうで、親御さんが家で練習しているのを聞いていて、

(何か違う気がする・・・このまま続けていっていいのか?・・・)

と悩んで辞めて、他のスクールを探していたところKISSを見つけたそうです。

ホームページなどでは、ポップスやロックのボイストレーニングと言っているけど、実際はどうなんだろう?と質問されて、生徒さんのBefore After を聞いてもらうと

「そうそう!こんな風に普通に歌う歌い方がいい!!」

と言っていただけました(^^)♪

みなさんも、もしポップスやロックを歌いたくてボイストレーニングを探しているのでしたら、一度KISSへお越しください。
お待ちしています♪

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。