どんな歌で練習していますか?

こんにちは、講師の山下です。

3月に入って、だんだん春に近づいている感じがします。
それに伴って、花粉も増えてきていて花粉症の方には辛い季節ですね。
私は、薬を飲むほどではないですが、少し目がかゆくなったり、くしゃみが出たりします。
早く花粉の時期も過ぎて暖かくなって欲しいです。

ところで、みなさんは歌の練習をする時、どんな歌で練習していますか?
いろいろな方法があると思いますが、まずは簡単な歌から確実に安定させていって、徐々に難易度を上げていくのがいいのではないかと思います。
自分の出せる音域よりも相当高い音域の歌をいきなり出そうとしてもなかなか難しいし、変な力が入ってしまってなかなか上手くいかないと思います。
また、リズムが不安定なのに、テンポの早い歌を歌おうとしても、合わせ方が分かっていなければやっぱり不安定なままになってしまいます。

歌だけではなく、他の事でも同じ事が言えるのではないでしょうか。
基礎やポイントやコツがわかっていないと、なかなか応用は効かないと思います。

KISSでは、しっかり基礎を作って応用に入っていくようにトレーニングしていきます。
発声のポイントがわかって使えるようになれば、徐々に歌いやすくなっていきます。

もっと、詳しく知りたい方、実際にトレーニングをしてみたい方は、ぜひKISSへいらしてください。
お待ちしています♪

山下

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。