カラオケで高音が歌いたい方へ

みなさんこんにちは!
講師の川本です。

最近歌うか食べるかしかしてないんですけど、
このままだと、夏までに雪だるまみたいにならないか…不安です( ;∀;)

いやーでも、なんで和菓子って美味しいのかしら。
『美味しいお菓子が悪いですね』ってことにしておこう。笑

 

さてさて。

突然なのですが、
みなさんはカラオケで高い声を出すことはできますか?

もちろん苦手な方もいれば、

「高い声?楽勝ですよ!」
という方もいるでしょう。

では、そんな「楽勝ですよ!」ってみなさん。

高い声を”小さな声で”出すことはできますか?

こうなってくると、
結構難しいのではないか思います。

というのも、
喉で力づくで高い声を出している方は、
力んでいる分だけ声は大きくなります。

しかも、キンキンしてて、
マイクのりも良くない。。

それだと高い声は確かに出てるけど、
コントロールされていなくて、
ただ「うるさい歌」になっちゃいます。

本当に「カラオケで高い声が得意」というのは、
大きい声も出せるけど、
小さい声でも歌える。

要は、声量のコントロールができることなんですね。
(もっと言えば、声質も。)

じゃぁ、そのコントロールってどうやってできるようになるのか?

一つは、喉ではない正しい筋力を使うことが大切です。
KISSでいう共鳴ボイトレ法で扱う部分ですね。

あともう一つはやっぱり、
副鼻腔が綺麗であること。

耳にタコができるくらい言ってますが、
鼻詰まりが酷ければ酷いほど、
頭部に空気が通らずに、声は出にくくなります。

だから、生徒さんでも正しい筋力は身に付いているのに、
なかなか高音が出しにくい方もいます。

でもそれは、まだ鼻詰まりを改善してる途中なので当たり前なんですよね。

だから、ちゃんと鼻詰まりが改善してくれば
高い声も自然と出やすくなるのでご安心ください。笑

 

…からの、、

ここまで読んでくれた、
初めましての方へ。

「じゃぁ、共鳴ボイトレ法ってなに?」
「鼻詰まりってどうやって改善するの?」

そこが気になる方は、
KISSのホームページをサラリと読んでみてください。

全部読むのが大変な方は、
無料体験でお話だけでも聴きに来てください!笑

 

健康に、楽しく、
歌を上手くなりましょう〜(*´∀`)♪

川本

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン