カラオケ上達の基礎や練習法の知識は変わる

ポップスはフリーな発声ジャンル。だから、あえて言うなら「発声の基礎」は「生まれつき歌が上手い人に学べ」だと思うな

生まれつき歌が上手い人は、歌の方法なんか考えて歌ってない。幼少のころから「歌うと上手くしか歌えない」だけだったんだ。実はさ、人間は「歌が初めから上手く歌える機能」を持って生まれていたんだね。

だけどこの記事を読んでるあなたは「私は歌が下手だけど、どうして?」と思ってるでしょう?それはね…、年齢を重ねて行くうちに鼻づまりが悪化して「歌いにくい人」へ変化してしまったんだろうな。

僕らは学校教育の発想に慣らされているから、学問を勉強するという「努力」、スポーツを日々練習する「努力」、エレキギターを練習する「努力」など、「努力すれば上達できると言う常識」に囚われている。だから歌もスポーツのように毎日練習することで「上達しよう」と腹式呼吸やミックスボイスで努力を積み重ねてるんだろう。

ただし物事には基準が必要で、そういう努力は「音痴・音楽が苦手」な人には一定の効果はあるんだ。

例えば「カラオケで歌えるレパートリーが増えた」のような効果はでるよ。繰り返し歌って覚えた分の「努力」の効果かな。だから今までのボイストレーニングの存在価値は0では無いと思う。

言葉で先生は「歌が上手くなった」と表現するのは、別に間違っていないよね。だけどプロレベルに歌いたいと思ってる方はそれで良いのかな?

腹式呼吸 さいたま

では次。一般的な歌が下手な人達で考えよう。

このタイプの方達は「カラオケが人並みか、歌が上手いねと言われるレベルを目指しています」て無料体験で答える人が多いんだ。

これって非常に曖昧な基準でしょう。KISSはビフォーアフターの症例でちゃんとトレーニング効果の基準を段階に分けて示したんだけど、生徒さんの「カラオケが人並みに」の意味は「プロレベルにしてくれ」ってことだと良く分かったよ。努力します(笑)。

プロレベルへと言われると、歌は学校教育的発想の「努力」では解決できなくなっちゃったんだよね。何故なら練習法が間違っていたから。

だってボイストレーニングは実は、「オペラ・クラシック(声楽)はポップスやロックにも有効です!」って勝手に言ってた練習法だもん。当然オペラの発声の基礎とか教えられてしまうだろうし、「歌の正しい姿勢」とかさ(笑)。

ポップスやロックに正しい姿勢なんて無いから。フリースタイルだからね。間違った教科書でトレーニングして、こっちのプロレベルは無理!(笑)

なので、カラオケ上達の知識や練習法はこれからやっと変わって行くんだと思うよ。まずはポップスやロックの正しい教科書がないとね。

それでスタッフがホームページの冒頭に上手い事書いてくれたので、引用します。読んでみて。

正しい教科書だと思うよ・共鳴ボイトレ法の概要

声優 浦和

クラスに2、3人、何も習っていないのに歌が上手い・声がよく通る子がいませんでしたか?メジャーアーティストの歌を聴いて、歌えない自分と彼らとでは、根本的に何かが違うと思ったことはありませんか?そう、歌は基礎でも何でもなく、ほとんど「才能」で決まるものでした。しかしそれは「共鳴ボイトレ法®️・頭式呼吸®️」が開発される前までの話です。(ここのフレーズが重要!)


KISSは10年以上かけて、その「才能」の正体を研究し続けてきました。その「才能」とは、外見が同じ人間同士でも、身体の中を流れている空気の量が違うということでした。日本人の8割以上は、蓄膿症予備軍・副鼻腔炎と言われており、自覚症状がなくても多くの人が「鼻づまり」なのです。人間には皆さんが思っているより遥かに多くの呼吸経路が存在します。膿によってそれらが詰まって麻痺していなければ、もっと楽に呼吸でき、もっと楽に歌えて当たり前なのです。つまり、彼らはただ健康だから歌えるのです。

「共鳴ボイトレ法®️・頭式呼吸®️」はあなたを本来あるべき状態へと戻し、麻痺していた呼吸経路や筋力を目覚めさせることによって、「生まれつき歌が上手い人」へと近づけていきます。

今までのボイストレーニングとは考え方が違う!

腹式呼吸やミックスボイスを練習する前に、まず「鼻づまり」を直そう、健康になろうよ!と言ってるだけなんだ。

え?鼻が詰まってないけど上手く歌えないのはどうしてか?

それはね、「喉から下が詰まっている」からだよ。

カラオケ 上達 宇都宮
KISSグループ代表 平山