ピースサイン/米津玄師 頭式呼吸で歌ってみた

こんにちは、井上です。

先日、ピースサイン/米津玄師さんのカバー動画をYouTubeのほうでアップさせていただきました。

これまでのカバー動画では、アコギ一本ということもあり優しく歌っているものが多かったですが、今回は力強く歌ってみようということで撮ってみたので、そこも見ていただけたらと思います^_^

ピースサイン/米津玄師 頭式呼吸で歌ってみた

 

話は変わりますが、最近僕自身の歌に大きな変化があったので、今回はそれをお伝えしていこうと思います。

Kissの頭式呼吸は、副鼻腔炎・蓄膿症を改善することで副鼻腔をきれいにし、そこに空気を通すことで歌が歌いやすくなっていきます。

鼻の手入れと共に、歌の中で空気の流れを意識することですごく歌いやすくなった!と感じることがこれまでにも何度もありました。

しかし、最近空気の通りが格段に良くなり、調子が良いと自動的に頭部全体に空気が巡り、ただ空気を流す意識をしてあげるだけで歌えることが増えてきました!

これまででもKissに来てから自分の歌がかなり変化したなと感じていましたが、本当に空気の圧力だけで歌えるようになるんだと改めて強く感じています。

 

とは言っても、今週もまたデトックスなのか鼻が詰まって歌いづらい日々が続いております(^^;;

でも、いつもその後にはまた一段と空気が通るようになるのを知っているので、また新しい感覚が出てくるのかなあと楽しみです(^o^)

また変化を感じた時には、皆さんにもお伝えしていきますね!

ボイトレ・井上講師

井上

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン