ボイストレーニングでハイトーンボイスを手に入れる!@さいたま

みなさんこんにちは、講師の川本です!

私は気楽にお酒を飲むのが好きなので、普段は焼き鳥屋さんばっかり行くのですが、 
先日友達に連れられてお洒落な肉バルへ。 

何だかちょっと緊張しましたけど、たまには気分を変えていいですね(^O^)

でもやっぱり、あたしはガヤガヤしてる居酒屋さんが好きだなって再認しました。
焼き鳥とビールには何物も勝てません…。笑

 

さてさて、今日の本題。

KISSのボイストレーニングを始めたばかりの生徒さんですと、高音を出すのに体や喉を力んでしまう方がいます。 
無理やり音程を届かせようとするのですね。

でも、そうすると喉を痛めてしまったり、ただ甲高い…うるさい歌になってしまうんです。

高い声を出すためには、第一に副鼻腔を綺麗にすることが大切です。

そして第二に、 
正しい「高音を出すための最小限の筋力」を使いこなすことも大切です。

「勢いや力技でも高音が出せればいい」というのは自己満足。

本当に歌が上手くなるには、“聴いている人が気持ちいいと思う高音”をしっかり身に付けなければなりませんね。

ちなみに、私は副鼻腔の手入れと正しい筋力を使うことで喉を力まずに、 
KISSのハイトーントレーニングの課題曲で12こキー上げ出来るようになりました。笑

喉を痛めず、聞き手に優しく。

レッスンで正しい技術を身につけて、
自分にとっても、聞き手にとっても大満足なハイトーンボイスを手に入れていきましょうね(^^)

川本

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン