ボイトレの効果♪

こんにちは、山下です。

新型コロナウイルスの影響で、緊急事態宣言が発令され、ご自宅で過ごす時間が増えたことで、家の中の断捨離する方も増えたとニュースなどで耳にしますね。

私も、現在は自宅で過ごすことが多いので、部屋の片づけをいろいろ進めてみました。
その中で、以前イベントに参加した時などに、その様子を録画していたのですが、そのデータが出てきたので、久しぶりに見てみました。

感想は・・・

恥ずかしくて見ていられませんでした(^^;)
他に誰もいなくて本当によかった(笑)

まず歌い初めからしっかり口から力強く歌っていて、声も太くてピッチも低いし、聴き心地も良くないし・・・
当然、まだKISSには通っていませんでした。
歌は練習すれば、ある程度は上手くなると思って、一生懸命練習していた時期です。
その頃に比べたら、今は歌う時の感覚や、歌いやすさなど、全く違います。
それは、発声の時の筋力の使い方や、呼吸の意識の仕方が変わったからです。

KISSでは、トレーニングの前にbeforeの歌を録っておきます。
これは、トレーニングによって変化したことが自覚できるように残しておくのです。
変化していくと、だいたいみなさん昔の歌を聴くのが恥ずかしいとおっしゃいます。そのくらいトレーニングで変化していくのです。

みなさんも、そんな変化を体感してみませんか?(^^)
ぜひお待ちしています♪

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。