ボイトレは必要ですか?

大宮のみなさん、こんにちは。秋葉原・つくば校の井上です!

早速ですが、みなさんは一般的に行われているボイストレーニングは効果があると思いますか?

ボイトレ教室はたくさんありますし、どの教室も腹式呼吸やミックスボイスという専門的な言葉を使っているのでちゃんとしているだろうと思いますよね。

しかし、腹式呼吸やミックスボイスをネットで調べてみると人によって言っていることが違ったりします。それでは何を信用していいのか分かりませんよね。

腹式呼吸などはそもそもオペラで使われているものですし、一般のボイトレによる効果を証明するものもありません。

 

また、歌が上手い人はボイトレを受けたことで上手くなったと思いますか?

周りにボイトレを受けたことがないのに歌が上手い人がいると思いますが、その人は生まれつき歌が上手いのです。

トレーニングをすることで上達していくのではなく、生まれつき歌が上手い人とそうでない人は何が違うのか、そこが大事ですよね。

KISS MUSICはそれを研究し、上手くなるためのトレーニングを開発しました。

ホームページにたくさん情報が書いてあるので、気になった方はぜひ隅々まで読んでみてください。

井上

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン