亀田音楽専門学校の番組でミックスボイスを取り扱いました【動画】。これを見るとTERUさんがミックスボイスを肯定してデモンストレイションしているように見えます。しかし、本当にそうでしょうか…?

TERUさんは「ミックスボイスよりも地声のハイトーンボイスの方が難しいよ」と少し言いにくそうにコメントしていました。元Sony Music音楽プロデューサーのKISS代表 平山によると、『メジャーのプロなら当然の発言』とのこと。 なぜなら、Rock Vocalは「地声のまま高音で歌うことが王道」なのです。ミックスボイスは「逃げ?のような感覚」にとらわれるそう。

どうやら、その“都合の悪い部分”がカットされてアップされているのが、このYouTube動画のようです。

粉雪から上はみんなミックスボイス?

「レミオロメンの粉雪から上はみんなミックボイス」

これはオペラを指導している、”PopsやROCKをよく知らないボイトレ業界”が自分達の都合で言っているだけです。

KISS代表の平山はSony Music時代、デビューする前からレミオロメンを知っているそうですが、当時はミックスボイスなんて誰も知らなかったのだとか。今でも殆どのメジャーアーティストが「ミックスボイス」など知らないで歌っているそうです。

それもそのはず。メジャーアーティストのみなさんは、ボイトレ経験がない「生まれつき歌が上手い人」なのです。

ミックスボイスは声楽科卒業生の虚像から

大勢のボイストレーナーさんがミックスボイスを「ある」ように宣伝しています。でも、本当は「無かったもの・虚像」だったとしたら?

Classic・オペラのハイトーンは裏声で出すのが基本だそうです。ですから音大生から見た “地声の高い声で歌っているPops/Rockアーティスト”は、自分たちの常識では説明できない…何か特別なテクニックと言いたくなる歌声だったのかもしれません。

埼玉県さいたま市大宮区のボイトレ教室
オリジナルのミックスボイスはフランスオペラです

元々フランスオペラには オリジナルのミックスボイスがあるのですが、こちらは「優しい歌になるテクニック」でした。ですが、ボイストレーナーのみなさんが「ミックスボイス」と名付け、さらに想像をかき立てて作り上げたものは、 正反対な「ヘビーメタルのハイトーンボイス」だったようです。つまり、「ミックスボイス」という単語がオリジナルとは全く正反対の意味で広まってしまったのですね。

ところが、ミックスボイスの発声法はなぜか「オリジナル・フランスオペラの優しい歌」の方法論のまま。「呼気を大量に混ぜて咽頭を下げて」と指導しているようです。正反対の発声なのに…うーん、謎です。

ミックスボイスは単なるハイトーンボーカルだった!

結論を言うと、ミックスボイスはROCKを知らない音大生から始まった虚像です。音楽大学の声楽科卒業生達から始まり、2000年頃からは電子掲示板で「有ること無いこと」が広まってしまいました。

それでは、現代のミックスボイスと象徴づけられたヘビメタ的発声の正体とは…?

それはメジャー業界(Pops&Rock)から言うと、「単なるハイトーンボーカル」のことだそう!

2000年頃、ミックスボイスが電子掲示板 から流行り始めるずーっと昔、1969年ぐらいからROCKの世界では当たり前にハイトーンボーカルと言うスタイルがありました。そして現在ミックスボイスで歌っていると言われるアーティストよりも、もっと高音域を全て地声で歌っています。

その方法を研究してきたのがKISSです。秘密は頭式呼吸にありました。

動画はDeep Purpleのイアンギランです。
彼を「地声と裏声を混ぜて・ミックスボイスで歌っている」と言ったら…世界中のROCKファンを敵にまわしてしまうかも…。笑

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。