KISS代表取締役 平山より

他人の悪口を言うと自分自身の品位も下がってしまうことは知っております。ですが常識や価値観は時代と共に変化します。今は皆さんに分かっていただけなくても、時代が変わった時にKISSの功績は評価されるかもしれません。ボイトレ業界が健全になれば必ず社会貢献になるからです。見て見ぬフリをして通り過ぎるよりも、これからは堂々と主張していく道を選びました。

思いつきで批判しているのではありません。前人未踏の歌の秘密を解明しました。そして「共鳴ボイトレ法・頭式呼吸」を全て書籍で公開しました。YouTubeでは、「正真正銘のボイストレーニング・ビフォーアフター」でサンプルも公開しました。

その目的はメジャー志望の若者や声優志望者の夢を守るため。カラオケファン、ボイストレーナーさんの健康を守るため。そして、ボイストレーニングをあるべき形にするためです。オペラはオペラのボイストレーニングを。ポップスはポップスのボイストレーニングを。音楽を愛しているのなら、それがあるべき形でしょう。

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。