ボーカルスクールKISSでボイトレを学び直そう

埼玉県のみなさん。こんにちは、秋葉原・つくば校の井上です!

先日、大好きなスキマスイッチのライブに行ってきました!

ライブはとても勉強になりますね。今回もたくさんの収穫がありました。

レッスンにもしっかり活かしていきます!

 

ところで、最近よく更新しているこのブログですが、読んでいただいているのはもちろんボイトレに興味のある一般の方だと思いますが、一般ボイトレのトレーナーさんにも届いていたら嬉しいなと思っています。

たくさんいるボイストレーナーさんの何人にKISSのブログを読んでいただけているか分かりませんが、今回はボイストレーナーさんに向けて書いていこうと思います。

 

私はKISSに出会う前、約1年間一般のボイストレーニングを習い、その後もネットで情報を集めては実践して自分の歌に取り入れていました。

しかし、ボイトレを習っていた時も、ネットで調べて自主練していた時も、しっくりくるトレーニング法はなく、いつも何か違和感を感じていました。

その違和感はなんだったのか、それは一般ボイトレのトレーニングはオペラだったということです。

習っていた頃は気付きませんでしたが、今でははっきり分かります。

 

少し考えてみてください。

オペラの声でポップスを歌って、かっこいいと思いますか?

そして、オペラの発声とポップスの発声の筋力の使い方は同じだと思いますか?

 

一番分かりやすいのは腹式呼吸です。腹式呼吸はオペラでは有効なのかもしれませんが、ポップスで利用すると歌えなくなってしまいます。

腹式呼吸が歌の基礎だと思っている方は多いと思いますが、実際に一般ボイトレを受けられていた方ほどポップスを歌えなくなっています。

一度、今までの常識を頭から捨ててみてください。

 

今、ボイストレーナーをされている方の中にも、トレーニング法に違和感を感じながら指導されている方もいるのではないでしょうか?

そのトレーニング法に根拠はあるのか、自信を持って教えられるのか、もう一度考えてみましょう。

KISSのトレーニングは今までのボイトレとは全く違うものになっていますが、本当にうまくなります。

この記事を読んで興味を持って下さった方はぜひ一度お越しください。

KISSはとても楽しいところですよ(^O^)

お待ちしてます!

井上

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。