ミックスボイスでは歌は上手くならない!

こんにちは、井上です!

最近は2020年に向けてYouTubeのことで頭がいっぱいで、動画撮影・編集にはまっております。

昨日はこんな動画をあげてみました。

ミックスボイス反対派ボイストレーナーが歌う クリスマスソング/back number

どうですかこのサムネ。

僕たち、怪しい関係じゃないですからねっ!(笑)

そんなことはいいとして、来年はYouTubeでは『ミックスボイス反対派ボイストレーナー』で頑張ってみようかなと思ってます。

別に、そう名乗りたくてやる訳ではないんですが、本当にKissのボイトレを一人でも多くの人に知っていただきたいので、そのためには目を引くタイトルにせざるを得ない、という感じです。

 

これまでのボイストレーニングを悪く言うつもりはない。

ただ、腹式呼吸やミックスボイスではポップスは歌えるようにならないのも事実です。

なぜか?今までのボイストレーニングはオペラを指導しているからです。

昨日アップしたカバー動画のように、元々歌えなかった人がこれだけ歌えている動画をあげられている教室はKissの他にはありません。

Kissを信じて、新しいボイストレーニングを始めてみませんか?

 

興味のある方は是非一度、無料体験レッスンにお越し下さい!

Skypeレッスンもやってます!!!

お待ちしております^_^

ボイトレ・井上講師

井上

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン