呼吸機能と一緒に歌の筋力習慣も改善しましょう!

皆さんこんにちは!山崎です!

先日、大学の同期5人で台湾に行ってきました(^O^)

3泊したので、やりたかったことは全部やれて最高の旅になりました!

親日国で、場所によっては英語よりも日本語のほうが通じたり、温泉やUber(タクシー)の中で日本のポップスが流れていたりと、あまり異国間はなかったのですが、

日本で4、500円するタピオカが150円ぐらいで買えたのは驚きでした。笑

食べ物はなんでも美味しく、意外と日本人好みの薄味だったので、機会があれば是非行ってみてください!おすすめの国です!

さて、ボイトレのお話ですが、

今日は歌の「筋力習慣」について書きたいと思います!

KISSのトレーニングでは、歌が下手な根本原因である、蓄膿症・副鼻腔炎を改善するということが最大の目的になっており、その為に教室でのトレーニングと合わせて、様々な方法でデトックスを行なっていきます。

しかしそれだけ聞くと、そのデトックス法だけ聞いて、家で実践すれば歌えるようになるんじゃないの???

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、デトックスだけをやっているのでも、多少なりとも変化はあると思います。

ただ、ここで本当に上手に歌うためにポイントとなってくるのが「筋力習慣」です。

もともとそういった症状がなく、人間本来の呼吸機能が正常に動いている歌好きな人は、最初から空気が巡った状態で筋力を動かして歌っているので、特別トレーニングをしなくても、楽に上手に歌うための筋肉が、自然と動いているケースが多いです。

空気が通りづらい場所の筋力というのは、基本的に動きづらいのですが、元々そういった障害がないので、自由に思ったまま筋肉を使うことができるからです。

逆に、もともと呼吸機能が詰まって動いていなかった人は、その悪い状態で歌うための筋力習慣が身に付いており、それは本当に楽に上手に歌う為の身体の使い方ではないと言えます。

仮に詰まりが取れていったとしても、生まれつき歌が上手い人に近付くには、そういった筋力習慣を意識的に、後天的に身に付ける必要があるのです。

それをやってあげないと、せっかく呼吸機能が改善されてきても、筋肉の使い方は下手な人のままなので、使えるものをフル活用できず非常にもったいないです。

KISSのトレーニングでは、詰まりをとって空気を通していくことに加え、状態が良くなったことで初めて自由に動かせる、楽に上手に歌うための筋力を使っていくということもやっていきます。

筋力習慣は人それぞれなので、おそらく自分で改善していくのは不可能とは言いませんが、かなり難しいのではないでしょうか。

これは実際にトレーナーから指導を受けてみないと分からないことなので、是非実際にレッスンを受けてみることをおすすめします!

スタッフ一同、全国の教室・Skypeでお待ちしております!!

梅田 ボイストレーニング
山崎

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン