楽に歌えるボイトレ♪ 大宮

こんにちは、井上です。

もうすぐ4月に入りますね!

この時期になると桜が楽しみで仕方ありません。

自分でもよく分からないんですが、いつからか桜が大好きになってました。

桜の曲も作ってみたいなー(≧∇≦)

 

さて、今日は先日のレッスンの時に生徒さんがKISSに通い始めて感じている変化についてお話しして下さったので、そちらを皆さんにもお伝えしていこうと思います。

写真の生徒さんですが、なんと71歳なんだそうです!

お若くて素敵ですよね!

この方は、老人ホームなどの施設に行き、ギターの弾き語りでフォークソングなどを歌う活動をされているそうなのですが、最近のポップスを歌おうとするとキーが高く、苦しくなったり高音が出ないのが悩みで約1年前からKISSに通っていただいています。

 

習い始める前と比べてどうですか?とお聞きしたところ、第一声は「全然違いますよ!」と、とても嬉しいお言葉でした(^o^)

具体的には
・高音が出るようになった
・苦しさがなくなった
・共鳴の感覚が分かるようになった
とのことでした。

普段から共鳴の位置を意識して歌っていただけているそうで、そのほうが低い声も出しやすいとおっしゃっていました。

 

また、一番嬉しそうにお話しされていたのが、音楽仲間に「歌が変わった」と言われたんですよ!とおっしゃっている時でした。

とても嬉しそうな笑顔で、僕も共鳴トレーナーをやっていて一番嬉しい瞬間でした。

 

最近、生徒さんから喜びの声をたくさんいただきます。

僕らの喜び、自信にもなりますし、それを皆さんにもブログなどを通してどんどんお届けしていこうと思います!

これから、生徒さんの声をたくさんあげていきますので、お楽しみにしていてください^_^

今回、ご協力いただいた生徒さん、ありがとうございました!

秋葉原校 井上講師

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン