歌う時の声量は…

こんにちは、山下です。
今日はかなり暖かくなりましたね。
昼間は20度まで気温が上がり暑いくらいでした。

みなさんはお花見しましたか?
私は、5年前から毎年一緒に行く友人がいて今年も一緒にお花見してきました。
毎回場所は変わるんですが、今回は日比谷公園で地元メシフェスというイベントをやっていたので、そこでいろんな地域の食べ物を食べながら桜を楽しみました♪
ちょうど少し気温が下がった日だったので、ちょっと寒かったですが…(^^;

ところで、みなさんは歌う時に声量を気にするでしょうか?
いろんな方の歌を聴いていると、口から力んで歌っている方はサビでボリュームが一気に上がって、耳に優しくない声になることが多いなと感じます。
本当に上手な方は最初から最後まで、サビで盛り上がるところでも耳に心地よく聴こえてきます。
でも決してボリュームが小さいわけではなくちゃんとマイクに声は乗っていますし、歌の中でのメリハリもちゃんとついています。
ボリュームの調整は、コツがわかるとできるようになってきます。

もっと、詳しく知りたい方、実際にトレーニングをしてみたい方は、ぜひKISSへいらしてください。
お待ちしています♪

山下

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。