洋楽でボイトレしよう!

皆さんこんにちは!山崎です。

最近は専らKISS本部のホームページをリニューアルしております。作詞作曲もそうですが、クリエイティブな物作りが好きなので楽しいです^^

ビフォーアフターや生徒さんの声など、なるべく見やすくまとめていくので是非ご覧ください。

さて、KISSの生徒さんの中には、例えばAriana Grandeや、Journeyなど、洋楽を課題曲にしてレッスンをされている方も多くいらっしゃいます。もちろん歌いたい曲をやるのが一番ではありますが、英語を綺麗に発音しようとする時の筋力の使い方は、日本語よりも歌を上手く歌うのに向いているのでおすすめです。

日本人はよく何を考えているか分からないと言われますよね?その原因の一つには、言語的な特性があり、顔面の筋力があまり動かないのが日本語・日本人の特徴です。

しかし残念ながら、口先だけで喋る習慣は、歌にはとても不向きなのです。

KISSでは、基礎トレーニングとして、普段動かしていない顔面の筋力を使えるように練習します。

人間というのは不思議なもので、意識して動かしていくことで、だんだん当たり前に機能していくようになっていきます。

骨格なども違うので一概には言えませんが、海外のシンガーのような発声で歌うには、彼らの身体の使い方を観察して、真似してみるのも有効です。

洋楽を練習することによって、筋力の使い方や、もっと言えば空気の流れが変わるので、多くの方がそれまでとは違う感覚で歌えるようになります。

是非、男性はAerosmithのI Don’t Want To Miss A Thing、女性はBeyoncéのListenなど、ハイトーンの曲にも挑戦してみましょう!

東京・ボイトレ・歌
山﨑

大宮校よりメッセージ

KISS大宮校は Pops・ROCKのための新しいボイストレーニング教室です。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。 

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。

つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないのです。

 ところが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。 

「安い」とか「大手」が良いのではありません。

 クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

 そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は生まれ変わるべきです。その一歩として、KISSの共鳴ボイトレ法は開発されました。

まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン