洋楽ならボーカルスクールKISS!

こんにちは。
大阪梅田校・高松校トレーナーの田村です。

みなさん、洋楽を聞いたり歌ったりすることありますか?

私は、昨年くらいから地元高松の音楽仲間がやっているバンドに参加させていただいているのですが、メンバーが洋楽好きなので洋楽を歌うことが多くなりました。

OASISとか、GREEN DAYとかが多いのですが、直近ではTHE CLASHとか、次はWEEZERとか、T-REXとかをやろうかという話が出ています。

昨年の共鳴ボイトレシンポの際にも指摘されたのですが、いいなーと思う曲がなぜかUK寄りになる田村です。

もちろん邦楽もやっているのですが、歌っていると気づくことがあります。

英語と日本語で発音に使う筋肉が違う!

そして、英語の発音に使う筋肉の方が、歌にとっては有利である!

話はちょっとそれますが、昔英語の発音のトレーニングにはまった時期がありまして、バンドでも英語の曲が多いし、もっとうまく歌いたいからまた発音の練習しようかなと、簡単なシャドーイングをやってみました。

すると、明らかに呼吸の際の空気の流れが変わって・・・これって頭式呼吸やん!?

なるほど、英語をしゃべっていると自然と空気の通り道のまわりの筋肉が刺激されるのね。

ちなみに、昔は前述のシャドーイングをやった際、息がつまって呼吸が出来ないような苦しさを感じていました。

今振り返れば納得、空気の通り道がふさがっていたので、吸いたくても吸えなかったのですね!

蓄のう症を改善して、頭式呼吸=人間の本来あるべき健康な呼吸状態ができるようになると、洋楽もぐっと歌いやすくなりますよ!

洋楽が歌えるようになりたい方は、KISSで決まりですね!

高松ボイトレトレーナー
田村

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。