現代の価値観に合うボイストレーニング

みなさんこんにちは、講師の川本です。

先日YouTubeである動画を視聴しました。
ある人気ボイストレーナーのYouTuberの歌ってみた動画です。

(私が視聴した動画はこちらです)

この方は音感的にはしっかりしているし、一般の方が聴いたら「上手い」と感じることかと思います。

ただ、コメント欄にも「和田アキ子さんが歌ってるみたい」という書き込みがあるように、『今売れているアーティストさん』とは少し違うのかなと思います。

ここで勘違いして欲しくないのですが、私は「和田アキ子さんの歌い方が悪い」と言っているのではありません。

昭和の価値感というのは、ベルカント唱法的な『お腹から声を出す歌い方』が主流でしたので、それはそれでいいのです。

ですが、現代の歌が歌いたい・今売れているアーティストのように歌いたいのであれば、現代の価値観に合ったボイストレーニングをしなければなりません。

そのためには、ベルカント唱法や腹式呼吸では歌えないことは明らかだと思います。
(ぜひ『腹式呼吸を教える』他のボイストレーナーさんの歌ってみたも聴いてみてください。)

  

KISSは現代の価値観に合ったボイストレーニングをおこなっています。

軽くてマイクのりの良い、ピッチの正確な歌が歌いたい方はぜひKISSへお越しください。

頭式呼吸と共鳴ボイトレ法を一緒にマスターしましょう!

上尾 ボーカルレッスン
川本

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン