腹式呼吸が吸えるという誤解!

みなさんこんにちは!高松校トレーナーの田村です。

昨年までは大阪校でも指導していましたが、家庭の事情で年明けから地元高松にいさせていただいております。

大阪の生徒のみなさま、ご迷惑をおかけして申し訳ござません。

高松の生徒さんは引き続きよろしくお願いいたします。

さて、今回もまた腹式呼吸です。

鼻の通りの悪い人にとって、腹式呼吸は実は浅い呼吸になってしまうことをご存知でしたか?

腹式呼吸はおなかが膨らむように吸うイメージがみなさんにはあると思います。

これは、おなかをイメージすることによって、肺の底の方にまで空気をいれようとするねらいがあると思われます。

しかし、鼻の通りが悪い人は普段から肺の一部分しか使われていない呼吸を行っています。

そのような人が腹式呼吸を行うと、やはり肺の底の方の一部分だけを極端に使った呼吸になってしまいます。

つまり、深く吸い込んでいるつもりでも実は肺活量の少ない、浅い呼吸になってしまっていたのです。

では深い呼吸とはどういうものか。

みなさんは「深く息を吸ってください」と言われたら、普段より吸う量を増やすと思います。

つまり深い呼吸=肺活量が大きい呼吸と言い換えることができます。

たくさん空気を取り込もうと思ったら、肺の一部だけではなく全部を使った方がいいですよね!

キッスでは頭式呼吸のトレーニングを通して、肺の今まで動いていなかった部分を一つずつよみがえらせていきますよ。

一つ動くようになるたびに一つ歌いやすくなります。

ぜひ皆さんにも体験してほしいです!

梅田校 共鳴トレーナー
田村

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン