腹式呼吸ではポップスは歌えない@大宮ボイトレ

こんにちは、井上です!

皆さん、ボイストレーニングと言えばどんなイメージがありますか?

一般的には腹式呼吸、ミックスボイス、声帯閉鎖などの言葉が良く使われている印象があります。

今回は、腹式呼吸についてのお話をしようと思います。

腹式呼吸のルーツ

まず、腹式呼吸のルーツについてですが、腹式呼吸の本当のルーツはヨガになります。

音楽的に見ると一番初めに使われ始めたのが、1600年頃にオペラのために作られたイタリアのベルカント唱法になります。

音楽大学の声楽科でベルカント唱法を学び、卒業後にボイストレーナーとなった方たちが、学んできた腹式呼吸をポップスやロックを歌いたい人にも教えてきてしまったのが、今までのボイストレーニングです。

もちろん、ボイストレーナーさんの中には腹式呼吸に否定的な方もいらっしゃるそうですが、ほとんどの方が腹式呼吸を歌の基礎として指導しているので、ボイストレーニング=腹式呼吸のイメージになってしまったんだと思います。

なんで腹式呼吸に反対するのか?

なぜ、Kissは腹式呼吸に反対なのか。

それは、とっても簡単です。

ベルカント唱法はオペラのために作られたと言いましたが、オペラの歌声のイメージは太い・重い・大きい声で歌っているイメージですよね?

逆に、ポップスやロックのアーティストさんは細い・軽い声でマイクがあるので大きい声を必要としません。

もちろん、ポップス・ロックの中で太めの声を出す方もいると思いますが、ジャンルという大きなくくりで考えて下さい。

こうして、それぞれのジャンルの声質を考えると価値観が正反対だということが言えると思います。

 

人間の筋力というのは、習慣によってかなり影響を受けてしまうので、正反対の価値観であるオペラのためのトレーニングを積んでしまうと、太い・重い・大きい声で歌うための筋力が身につき、目指していた細い・軽い・小さい声が出しづらくなっていきます。

その結果、オペラのような歌い方でポップス・ロックを歌うしかなくなり、習っていた教室をやめて、Kissに来ていただいている方もたくさんいらっしゃいます。

同じ歌でも、ジャンルが違えばトレーニング方法も違うということですね!

もし、ポップス・ロックを歌いたいのであれば、ポップス・ロックのために作られたトレーニングを受けましょう。

この記事で気になった方は、是非Kissのホームページを見てみて下さい!

ボイトレ・井上講師

井上

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン