音の上下を意識して歌う

皆さんこんにちは!山﨑です!

左下の親知らずが痛くて困っております。笑

抜かないといけないのかなと思っているのですが、周りの人たちに話すと、「寝込むほど痛いよ〜」とか「1週間は歌えないよ」だとか、とにかく脅されるので、仕事に支障が出る可能性もあるとなると

タイミングが難しいです。。

それはさておき、笑

今日は音の上下感のお話です。

最近、自分の曲をレコーディングして、その歌を自分でピッチ修正(ズレた音程を直したり、声の揺れを調整したり)するという作業をやっていて、

歌でこんなに落ち込むこともないなと思いつつ、こんなに勉強になることもないなと感じております。

現代のコンピューターによる歌の編集技術はすごくて、下手な歌も編集次第では聴ける歌にできてしまうのです。。

良くも悪くも恐ろしい時代ですね。

生徒の皆さんは分かると思いますが、KISSではレッスンの中で音の上下感を鍛えるというトレーニングがあります。

どういうことかというと、

自分が歌っている音の次の音が、同じ音の連続なのか、上にいくのか下にいくのか、上下ならどれくらいの幅で動いているのか、頭で把握できるようになりましょうというもので、

簡単に言ってしまえば、相対音感の精度を極限まで高めて、意識しながら歌っていきましょうということになります。

これができると、音程の上下がはっきりした歌になり、社長曰く「髭男みたいに」歌えます。笑

本当に正しい音程にきっちり当てられるようになれば、先程少し触れたピッチ修正もだんだん必要なくなってくるはずです。

何より聴いていて面白く、気持ちいい歌になります。

僕自身がKISSに来るまでそんなことを考えたこともなかったように、ほとんどの人がそうだと思います。

だいたいなんとなくの上下感で歌っているので、レコーディングしてみると、音程がどこかはっきりしないふにゃふにゃした歌に聴こえるはずです。

KISSでは、声そのものを改善していくことに加えて、そういった音楽的な能力も同時に鍛えていきます!

僕らトレーナーもその辺りの精度はまだまだ高めていかなければいけないのですが。。頑張ります!

メジャーの現場からのフィードバックで構築されたトレーニングを一緒に体験してみませんか?

梅田 ボイストレーニング
山﨑

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン