• 歌がヘタな原因は副鼻腔炎・蓄膿症でした。実は日本人1億2600万人のうち1億人以上が「蓄膿症予備軍」という医学データが発表されています。ボイトレの生徒さんが歌えない原因です。(NHKためしてガッテン)
  • 花粉症の免疫TLR遺伝子からも世界的に見て、「日本人が一番鼻づまり」と言う証明がされています。・最もネアンデルタールに近いのは日本人? 免疫システムに残る人類の歴史

頭式呼吸が歌の基礎です

大宮ボイトレ教室KISS

メジャーアーティストの秘密です。

上の図2が正常な人のCT画像です。黒い部分は空洞を表しています。皆さんは鼻や口だけで呼吸していますよね?でも、本当は頭部全体で呼吸するのが本来の基礎呼吸なのです。 こちらのタイプは呼気の抵抗がないので歌いやすいのです。これが「生まれつき歌が上手い人」の秘密です。歌っても喉が絞まることはありません。

埼玉ボイトレスクールKISS

ボイトレを習う生徒さんの秘密です

上の図3は蓄膿症の重度患者CT画像です。頭部は膿で詰まってしまっています。ボイストレーニングを習いたいと思う生徒さんの95%はこちらのタイプだと思われます。 この状態のまま間違ったOpera声楽のボイトレをすると「喉が絞まる」結果となり、「苦しい、歌えない」状態に悩まされることになるのです。

生まれつき歌いやすい人(メジャーアーティスト)

さいたまボイトレKISS

皆さんがお手本とするメジャーアーティストは腹式呼吸で歌っていません。“生まれつき歌が上手い人”とは、言い換えると頭部の呼吸機能が働いていて「歌いやすい人」なのです。

多くのボイストレーナーは音楽大学の声楽科の卒業生です。彼らはPops・Rockとは別ジャンルの方々です。ですから、Pops・Rockについては専門外で「詳しくない」「素人に近い」と言えます。

多くのボイストレーニングさんで教えている“リップロール”も、元Sony Music音楽プロデューサーのKISS代表・平山によると、「トップシンガーは誰もやっていない」とのこと。芸能スクールでボイトレを受けてしまったアイドルさんなどはやっていることもあるそうですが…。

「腹式呼吸が歌の基礎」は音大生の都合でした

Popsなのにベルカント唱法が指導されています

「腹式呼吸が歌の基礎」と呼ばれてきた理由は、世界的にまだPopsの発声方法が誕生して無かったため、音楽大学声楽科の卒業生がベルカント唱法でポップスを指導してきてしまったからです。言わば腹式呼吸は声楽を指導している「音大生の都合」から始まった「宣伝キーワード」でしかありません。

また、ここまででお話ししたように、蓄膿症の生徒さんに「鼻腔共鳴」を使いこなすことは絶対不可能です。副鼻腔が詰まってしまっているのですから…。でも、この「鼻腔共鳴」も宣伝文句として使われてきました。

できないことを宣伝したり、PopsをOperaで指導したり、一般ボイトレは「嘘ばっかり!」と非難されても仕方がないのが現状です。

腹式呼吸のルーツはヨガだった!?

ボイストレーニング大宮

オリジナルの腹式呼吸はヨガ

本当の腹式呼吸のルーツはYogaヨーガです。歌の腹式呼吸は1900年代に西洋でヨーガが大流行し、その時イタリアのベルカント唱法(オペラ)で取り入れられたものです。但しコピー商品が粗悪品であるように、ある呼吸の大前提が抜けておりました。それが頭部の呼吸機能です。

大切なのは「頭式呼吸」

上記ベルカント唱法の動画が腹式呼吸ですが、メジャーのトップアーティストたちは腹式呼吸で誰も歌っていないのです。憧れのメジャーアーティストと同じくらい歌がうまくなるには、まず蓄膿症を解消して、頭式呼吸を身につけることが必要です。

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。