鼻血で追いデトックスかも!?

こんにちは、井上です!

今日はすこ〜し汚いお話をするので、見たくない人は続きを読まないで下さい。笑

 

おととい、レッスンの合間に突然!!!鼻血が大量に出てきました(>_<)

これが、もしかするとデトックスかも?と思ってしまった訳なんです。

Kissの頭式呼吸というのは、呼吸機能を改善することによって歌が歌いやすくなっていくというものなんですが、呼吸機能が改善していく過程では鼻水や痰が出るなどのデトックスが必ず起こります。

たまに、その鼻水や痰に血が混じることがあったり、血の塊が出ることがあり、生徒さんの中でもそういった経験をされたことがある方が結構いらっしゃるんです。

 

実は先週末に少し体調を崩していたのですが、その時にも炎症を起こしていたのが左の頬やおでこで鼻水はほとんど左の鼻から出ていました。

最近はかなり改善されつつあったのですが、元々鼻も左側が詰まりやすく、筋力も左が動かなくていつも顔の右半分だけで歌っているような感覚でした。

体調が治ってから久しぶりに歌うとピッチが上がっていて、キタキタ〜と思っていたところだったのですが、そこに今回のこの鼻血。

 

急に鼻水が垂れてきた〜。と思っていたらドバーッと大量に鼻血が出てきました。

特に鼻血が出るようなことはしていなかったので驚いていたのですが、途中から鼻と口の間から血の塊のようなドロっとしたものが口に下りてきて、それが2,3回ありました。

それも、信じられない大きさの。

 

もしかしたら、今回の鼻血はデトックスかもしれません。

まあ、不要な血を排出するために鼻血が出るとも言われているくらいですしね。

風邪っぽい症状からの追いデトックスということにしましょう。

デトックスだといいなー。

 

こんな事が起こるたびにいつもデトックスだよーと言っています。笑

もっといい歌、歌えるといいな。

ちなみに、先週ビフォーアフターをアップしたばかりなので、良かったら聴いてみてください(^o^)

ボイトレビフォーアフター【井上講師データ3】証明中 頭式呼吸50%➡65%

そして、代表の平山先生のビフォーアフターも昨日アップされました。

こちらも是非ご覧ください〜♪

ボイトレビフォーアフター【平山代表データ3】証明中 頭式呼吸65%➡70%

 

ボイトレ・井上講師

井上

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン