喉を傷めない話し方@埼玉・栃木地域ボイトレ♪

こんにちは!講師の川本です。

3月末の休業日に桜を見に行って来ました♪
公園中に桜が咲いていて、幸せ気分ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

普段はせわしなく過ごしてしまうのですが、
たまには綺麗な景色を堪能しながら
全部忘れて「ぼけー」っとするのも大事だなって思いました。笑

 

さてさて。

今日は「喉を傷めない話し方」についてお話します。

最近生徒さんからこんなお話がありました。
「仕事で電話対応をする機会が多いのですが、
一日仕事すると声がガラガラになるんです。」

うーん、それは辛いですよね。
あたしも電話対応だらけのバイト経験があるので、身に染みて分かります。笑

でも、実はこの”喉の痛み”。
『正しい発声方法』さえ分かれば解決しちゃうんです。

喉を傷めちゃう人は頑張り屋さんなので、
「大きい声を出さなくちゃ・はっきり話さなくちゃ!」
って喉の筋力を使って声を出してしまいます。

力技で発声しちゃうんですね。

だけど、これでは自分で空気の流れを悪くしてしまうし、
身体はガチガチに力んでしまうし、
共鳴は口に下がってしまうから声がこもりやすくなるし。

悪のスパイラルに入ってしまいます。((( ←~(o `▽´ )oΨ ケケケ♪

そうじゃなくて、喉を傷めずに発声し続けるためには、
・副鼻腔に空気を流すこと=頭式呼吸
・副鼻腔を共鳴させることが必要です。

上記のことがしっかりできれば、身体は力まないし、
小声でも相手に聞こえやすくなくなりますよ。

そして、そのためには鼻詰まりの改善も必要です。

…あっ、そうか。Σ(゜ロ゜;)!!
あと発音の位置も重要です。

いっぱい言いたいことがあって、書ききれないですね。笑

詳しく聞きたい方はレッスンで質問してください。
もちろん、無料体験でも◎です!

 

まぁ、電話対応って声だけでやり取りをするし、
思い通りにコミュニケーションできないと
どんどん身体も心も力んできちゃいますよね。笑

「なんだ、こんにゃろー!」
って思う一日の後でも、
「あ、でも声の調子がいいから、カラオケ行ってストレス発散だー♪」
って出来るように。笑

喉を傷めない話し方、マスターしてみませんか?

川本

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン