KISSボイトレで課題曲を使う理由

こんにちは!東京・つくば・大宮校 講師の川本です(^^)

最近オリジナル曲のレコーディングを進めているのですが、 
思い通りに表現するのは本当に難しいですね。

「こういう表現でもない、これも違う…うーん」と、 
「これだ!!」っていう歌い方や想いの込め方が見つけるのが大変です。

まだまだ歌を突き詰めきれてないのが悔しいので、 
一曲一曲を作る中で一歩ずつ実力をつけたいなって思います。 
まぁ、音楽のことだったら、悩むのも楽しいんですけどね。笑

それから、楽曲制作に携わてくれている平山先生と井上講師には本当に感謝ですね。 
二人と一緒にたくさん良い曲作りたいです!(`・ω・´)

さてさて。

今日は『なぜKISSのボイトレが課題曲を使うのか』についてお話したいと思います。

KISSでは「生徒さんに好きな歌を歌って!」という指導はしません。 
(あ、Beforeのレコーディングはお好きな歌で録っています!)

理由はいくつかあるんですけど、 
まず、好きな歌だとそのアーティストさんに寄せて歌ってしまって、正しい筋力の使い方や息の流し方…基礎が身につきづらいんです。

なので、あえて知らない曲を使って、 「まっさらな状態」から基礎を学んでいただきます。

また、毎レッスンごとに違う歌を歌うと、その場しのぎの歌い方・レッスンになりやすいんです。

「この曲のココは、こういう歌い方をすれば上手く聞こえやすい」ってレッスンしたとしても、それって根本的には歌は上手くなってないんですよね。

曲が変わったらできなくなっちゃうのは、実力じゃないです。

それなら、どの曲にも通じる『歌のレベル・上手さ』を学ぶためのレッスンをするべきですよね。

KISSのボイトレはプログラムとなっていますが、課題曲を使う理由もしっかりあります。

もしみなさんに「〇〇の曲を歌いたい!」という目標があるとしても、 
まずは焦らずに課題曲を使ってしっかり基礎を身につけて、 
本当の実力を手にしていただけたらと思います!

今日もレッスン、よろしくお願いします( *´艸`)

川本

大宮校よりメッセージ

KISSはPops・ROCKのための新しいボイストレーニングです。
これまでの腹式呼吸(ベルカント唱法)を基礎とするボイストレーニングとは異なります。

これまでのボイストレーニング業界は資格というものがなく、『歌に自信がある』『歌を学んだことがある』人であれば誰でもトレーナーとして指導ができてしまうのが現状です。

しかし、歌にはジャンルがあります。どんなプロであっても、そのジャンルを越えて他のジャンルを指導することはできません。
つまり、たとえ音大を卒業しどれだけ音楽に精通していようと、Popsを学んだ経験がないのであればPopsを指導することはできないはずなのです。

ですが、ボイストレーニングはこれまでジャンルを越えた指導が続けられた結果、その内容が無責任にも拡散してしまい、ボイトレ難民とも言える方が増えています。
“自分が習いたいもの”と”習っているもの”のギャップに苦しんでいる方がたくさんいるのです。

「安い」が良いのではありません。

クラシックを習いたいのなら、声楽の教室へ。 
Popsを習いたいのなら、Popsのボイトレへ。

そうやって「自分が学びたいもの学べる業界へ」とボイストレーニング業界は変わるべきです。その一歩として、KISSのトレーニングは生まれました。
まだまだ小さな教室ですが、歌が大好きなすべての人のために、KISSの理念を応援いただければと思います。よろしくお願いいたします。

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン